ルーターの基本

ルーターとは、自宅や会社のパソコンとネットワークを接続する機器です。

ルーターの主な役割としては、セキュリティを高める、インターネットの接続設定が行われている、複数台のパソコンを接続し同時にインターネットできる、プライベートIPアドレスを割り当てる、ネットワークを構築できるなどがあります。

このページでは、ルーター設定の基本的な考え方、設定方法、関連する用語について解説しています。

IPアドレス

ルーターは、外側のインターネットに対してのグローバルIPアドレスを持ち、内側のネットワークに対してプライベートIPアドレスを持っています。

ネットワーク内において ルーターは常に起点となるIPアドレスを持っていて、ネットワーク内のパソコンやネットワーク機器に自動的にIPアドレスを割り当てるということをしています。

このことからも分かるように、ネットワーク内からルーターにアクセスするときは、プライベートIPアドレスを考えながら進めていくことになります。

基本的な考え方

ルーターのIPアドレス

ルーターは、インターネットとの出入口でもあるので デフォルトゲートウェイともいわれます。

またIPアドレスを持っています。プライベートIPアドレスです。使用しているルーターのIPアドレスは、ipconfigで調べることができます。

通常は、192.168.0.1や192.168.11.1など末尾が1となっていることがほとんどです。末尾の前の 192.168.0.1や192.168.11.1の部分は、ルーターのメーカーによって異なります。

自宅や会社のネットワーク内のパソコンは必ずこのルーターのIPアドレスを起点に、IPアドレスが割り当てられるようになっています。

ブラウザのURLにIPアドレスを入力する

IEやクロームなど、ブラウザにはURLを入力する箇所があります。

ホームページを閲覧すると、URLが表示されています。ここにルーターのIPアドレスを入力することができるようになっています。

必ず半角数字とコンマで入力します。例えば 192.168.0.1なら、そのまま正確に入力して Enterキーを押します。

ルーターの管理画面

ルーターはログインして操作する機器です。IDとパスワードでログインします。

通常は、初期値のIDとパスワードが設定されています。

もしわからない場合は マニュアルなどに記載されているので確認します。ルーターのIDとパスワードは機器のIDとパスワードであり、プロバイダのIDとパスワードではありません。

ルーターで行うこと

ルーターには様々な設定項目がありますが、通常は特に扱う必要はありません。知っておきたい項目としては インターネット設定ファームウェアの更新です。

インターネット設定は 接続設定、接続先設定という箇所です。ここに プロバイダーのIDとPWを入力します。ファームウェアの更新は メンテナンス、管理などの画面にあります。

他に、ルーターのログインパスワードの設定、無線機能が付いているならSSIDやパスワードの変更、チャンネル変更などがあります。

ネットワーク機器のIPアドレス

ルーターは、ネットワーク内で接続された機器に対して、IPアドレスを割り当てています。

例えば、ルーターのIPアドレスが192.168.1.1なら、接続されたパソコンは192.168.1.2や192.168.1.3、ネットワークプリンターなら192.168.1.4、無線アクセスポイントなら192.168.1.5などになります。

逆にいうと、プライベートIPアドレスがこのようになっていないといけません。

IPアドレスはルーターが自動で割り当てているため、特に理由がなければ何も扱う必要はありません。機器を再起動するとIPアドレスが変わることもあります。

CATV回線

ZAQやCATVなどの回線は、モデムのみでインターネット接続が確立しており、パソコンやルーターでのPPPoE接続はありません。

基本的にケーブルテレビ回線でもルーターの導入は可能です。ルーターの管理画面内で PPPoEではなく 「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」にします。

CATV回線の場合は、通常のインターネット回線とは少し仕組みが異なります。

使用している回線がCATVの場合は 念のため回線業者にルーターが使えるかどうか?機種に制限はないか?設定は簡単にできるかどうか?を確認しておいたほうがいいでしょう。